SponsoredLink

カロリーコントロールと運動のすすめ

女性であれば、ダイエットに関する情報には敏感。本を購入したり、カロリーを計算してみたり…。いろいろやりますよね。
でも、中には「やせの大食い」という人種がいます!逆に少食でも太りやすいという人も。
こうした体質の違いは、まだちゃんと解明されていないとはいえ、遺伝的な部分ではないかと言われています。


少なくとも判っている範囲では、肥満に関係しているのは「エネルギー代謝能力」や「体熱産生」、そして「脂肪細胞の数」だそうです。脂肪細胞…とてもいい響きとは言えないこの細胞、オトナになってからも増えるというから、恐ろしい!


脂肪細胞をたくさん持っているほど、太りやすいと言えます。ただもちろん肥満は、脂肪細胞だけの問題ではなく、食事や生活習慣に左右される部分が大きいです。寝る前に食べてたり、甘いものが好きでたまらないという人は、やはり太りやすいですものね。


つまり、体質に関係なく、肥満を回避することは可能なんです。その手段として、カロリーコントロールや運動があるわけですね。


痩せるためには、摂取したカロリーを消費カロリーが上回ればいい。ただ、それだけのことなんですが、実際はカロリーコントロールって本当に難しいです。美味しいものを我慢して運動すればいいのかもしれませんが、それじゃダイエットが続かないのも納得です。


だからといって、カロリーコントロール、しないよりはした方が絶対にいいに決まってます。今は便利なネットもあるし、本でもカロリーコントロールについて取り上げているものが数多くあります。気軽な気持ちで始めてみるといいのかもしれませんね。


同じくカロリーコントロール、そしてダイエットに欠かせない運動に関しても、もっと気楽に取り組めばいいのかもしれません。続けられることが一番、継続は力なり、ですからね♪


本やネットで情報を仕入れることで、ダイエット以外にも勉強になることがあるかもしれませんよ。一石二鳥のカロリーコントロール、この機会に気楽な気持ちでスタートしてみませんか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5306879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック